LINEで相談してみる

マンションnaviの口コミと評判、一括査定は信用できる?実際に利用してみました!

マンションnaviの口コミと評判、一括査定は信用できる?実際に利用してみました!
目次

不動産一括査定サイト「マンション.navi」ってどんなサービス?

こんにちは。不動産ライターのharupannaです。過去、トップ営業マンとして不動産販売に従事した経験と自身の不動産投資経験から今回は『マンションナビ』について信頼できるサイトなのか実際に使ってみて検証していきたいとおもいます。

公式サイトはこちら

自分のマンションの売値って気になりませんか?
筆者は数件の不動産を所有する弱小不動産投資家ですが、しょっちゅう所有マンションの売値が気になって調べています。そんな時に便利なサイトが『マンションナビ』です!

マンションナビの不動産一括査定サイトの概要

不動産一括査定サイトとは?

不動産一括査定サイトとは、不動産を売りたい人がインターネット上から所有不動産の詳細を書き込み、その情報から売却や賃貸が得意な不動産屋とマッチさせるサイトです。

一括査定サイト、非常に便利ですっ!

従来、物件を売りたいと思ったら、直接複数の不動産屋に出向き、査定してもらうのが普通でした。

しかし、一括査定サイトを利用するとわざわざ不動産屋に出向かずとも、自宅にいながら売値を知ることができるのです。しかも、一括査定なので、面倒な入力作業も1回で複数社に依頼できます。複数社から査定結果が送られてくるので信憑性が高いですよね。
私は、その中で一番高い査定を出してくれた不動産屋で売却活動を開始し、一番低い査定額より200万アップで売ったことがあります。
今回はそんな一括査定サイトの中で、マンションに特化している『マンションナビ』を実際に使ってみたいとおもいます。

マンションナビとは?

初めてのマンション売却でも失敗しないように、WEB上で売却価格と賃貸価格の相場が分かる国内でも他にないサービス。更にマンションナビ一括査定では複数の不動産会社様へ査定依頼をして、簡単に比較・検討でき、失敗しないマンション売却をサポート致します。

マンションナビの特徴や仕組み

マンションナビについて簡単にまとめると

  • 中古マンションの査定に特化している
  • 最大9社に一括査定(売却6社+賃貸3社)
  • 提携数は全国2500店(900社)
  • わずか45秒の簡単入力で無料査定が可能
  • ウェブ上で売却価格と貸したときの収益の相場が分かる

中古マンションの査定に特化している

マンションナビは『中古分譲マンション』に特化した一括査定サイト

中古分譲マンションなら何でもOK!全国の賃貸中、空室問わず査定可能です。
最大9社に一括査定(売却6社+賃貸3社)
マンションナビは売却、賃貸両方に対応しています。
マンションオーナーの方なら一度は中古マンションを売却したらいいのか、賃貸すべきか迷いますよね。
マンションナビの一括査定は賃貸にも対応しているので、長期的な目線でマンション運用を考えることができます。

提携数は全国2500店(900社)

提携店が多いほど正確な査定額が把握できます。
一括査定サイトの提携店を比較すると

HOME4U 900社
イエイ 1000社
マンションナビ 900社

と横並びなことが分かります。
このうち、HOME4U、イエイは戸建でも対応しています。マンションナビには全国でマンション売買が得意な不動産屋が多数登録していることが分かります。

わずか45秒の簡単入力で無料査定が可能

なぜ無料で査定が可能なのか?

→それは、マンションナビから査定依頼を受けた店舗は紹介料をマンションナビに支払うシステムだからです。
だから査定依頼主であるあなたは無料で査定することができるのです。

マンション名や住所からWEB上で相場価格がわかる

誰でも簡単にマンションの相場価格がわかるシステム

マンション名、住所、駅名、地図からマンションを選ぶだけで、WEBで相場価格を自動表示します。

無料メンバー登録でさらに詳細な相場が把握できる

メンバーになると「専有面積」「階数」「方位」「角部屋」の条件を選択でき、より正確な価格を表示できます。厳選してるから無駄のない査定結果のみを受け取れます。

 

まず、マンション名や住所などで相場を把握してから一括査定に申し込むことが可能なのですね。
売却を迷っている方はまずメンバー登録して相場だけでもチェックするのがよいとおもいます。

ちなみに、私は無料メンバー登録をして定期的に相場を確認しています。最大3件まで物件が登録できるので、折を見て売却を考える予定です。

マンションナビの運営会社は?

マンションナビを運営しているのは『マンションリサーチ』という会社です。

マンションリサーチは『スモーラ』『マンションリサーチ研究所』など様々な一括査定サービスを運用しています。

月間売却依頼件数1500件、ウエブサイトの月間PV100万 メンバー登録数6万

すごい数ですね。従来から今日まで売却不動産を探すために頻繁に行なわれているのが、ポスティングですが、費用がかかるに成果が未知数なことを考えると売却希望の不動産オーナーに確実にリーチできる査定サイトの運営は合理的なのかもしれません。結果、依頼数、登録店舗とも急成長している企業です。

マンションナビの口コミ、評判は?デメリットなどはあるの?

評判を調べてみましたが、概ね「とてもよかった。」といった文面が目立つ一方で、

  • 複数の不動産屋への返信が大変
  • 営業がしつこい
  • 価格が高めにでる

などといった口コミがみられました。

では実際に使って検証してみたいとおもいます。

実際にマンションナビを使ってみました!!

筆者のマンション概要

  • 埼玉県の分譲区分マンション
  • 3LDK 65平米 築年数は9年 最上階の東南
  • 駅徒歩3分
  • 駅から近いが、目の前が繁華街でラブホや飲食店があるのがデメリット
  • 現在賃貸中。(オーナーチェンジで売り出すか、賃貸人退去後空室で売り出すか、賃貸継続か検討中)
  • 新築の売れ残りを購入し、実際住む予定でしたが転勤で5年ほど賃貸にだしています
  • 壁紙、障子、畳は交換済み
  • 築10年を前に今後の運用に悩み中

査定スタート!

まずは、トップ画面から

ステップ1 都道府県を選択
ステップ2 市区町村を選択
ステップ3 町名を選択

するとこのような画面になります。

・番地は?
・マンション名は?
・築年数は?(だいたいでOKです)
・現在の状況は?(住居状況、賃貸など)
※賃貸の場合は「家賃収入、修繕費+管理費の記載が必要」(だいたいでOKです)
・所有者は?(本人、親族、その他)
※その他の場合は依頼者の記載が必要。
・売却/賃貸の時期は?
・査定理由は?

この段階で20秒とありますが、だいたいその位で記入できました。

で、次のページへ。

 

次は個人情報の記載です。

・名前
・年代
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・査定会社への要望(任意)
・売却希望金額(任意)
・賃貸希望金額(任意)

はい!これで終了!ここまでで25秒とありましたが、要望の記載によって1分くらいは掛かります。
今回は査定額を知りたかったので、売却希望金額と賃貸希望金額のみ記載しました。大体40秒くらいです。

ちなみに、売却希望金額、賃貸希望金額はこちらの相場を参考にしました。
ローン残債がある方ならローン残債金額を参考にしてもいいとおもいます。

一番下に、査定を依頼できる不動産屋一覧が出ます。

売却・買取査定可能な不動産屋1社、賃貸査定可能な不動産屋が1社出てきたのでチェックします。
(筆者のマンションはマイナー駅でしたので、1社でしたが、メジャーな駅だと複数社出てくるようです。)

そして完了ボタンを押して完了!!

ここまで約2分ほど。

このまま終了できるようですが、更に追加で

・お部屋の向き(任意)
・お部屋の間取り(任意)
・室内状況(任意)
・買い替えについて(任意)
・査定物件の良い点(任意)
・査定物件の悪い点(任意)

を記載することでより精度の高い査定ができるようです。

ここで、筆者のマンションの詳細を記載します。

・お部屋の向き 東南
・お部屋の間取り 3LDK
・室内状況 リフォーム済み 2018年1月に壁紙、障子、畳の交換済み
・買い替えについて 買い替えの予定なし
・査定物件の良い点 駅徒歩3分
・査定物件の悪い点 目の前が繁華街でラブホや飲食店がある

はい。これで完了です。

こちら完了画面です。ここまでで大体2分ほどかかりました。
利用した感想やその後の対応
実際利用してみてさすがに45秒で入力は無理でしたが、2分ほどで大体の項目を埋めることができます。
(任意の箇所を飛ばせば45秒で入力が可能かもしてません。)

さっそく、すぐにこんなメールが届きます。

1社目の査定額と反応

そして登録してから約30分後見知らぬ電話番号から電話がかかってきました。

賃貸査定を頼んだ不動産屋からでした。
内容は

・簡単なあいさつ。
・査定額は机上査定になるので実際の家賃とは異なる場合がある。
・室内状況など詳細を聞きたいので一度、来店又はお宅にお邪魔させてもたえないか。

といったものでした。今回は、賃貸、売却両方で検討中なのでもう少し考えてみます。
と言って電話を切りました。

再度、電話がかかってくる可能性はありますが、初回は特にしつこい勧誘などなく、さらっと査定額を言っておわりました。

で、気になる査定額はこちら!

◆◆ 概算賃料 ◆◆

・賃貸期限を設けない普通借家契約の場合

【 102,000円 ~ 121,000円 】

結構幅がありますね~。電話で担当者が話していましたが、
賃貸の場合
・募集開始の時期
・室内の状況
・周辺環境
・他の部屋の状況
・戦略
など募集開始家賃が異なるそうです。ちなみに、上記でマンション名で検索した家賃相場は12,1万円ですので、ウェブ上の相場は高めに設定されているようです。


で、実際筆者のマンションはどのくらいで賃貸しているかというと、11万です。
これは、管理費修繕費1万を含んだ金額ですので、実際の取り分は10万です。
机上査定ではありますが、大体、良い線いってるんではないでしょうか?

そして、電話の後にメールをみてみると売却・買取査定を頼んだ2社目の不動産屋から連絡がきていました。

2社目の査定額と反応

一括査定開始から30分以内で2社目の査定結果が届きました。
はやい!!

結果はこちら!

売買想定価格2566万円
賃貸想定価格12,8万円

結構強気の価格です。
メール本文はこのように記載されてます。

やはり、机上査定ですと結構高めな数字がでてくるようですね。

やはり査定額は全体的に高め・・・。

どうして高めの数字が出てくるのかというと、

もちろん、

不動産屋は媒介契約を結びたいからです!!!

媒介契約を結ぶことで、仲介手数料が入ります。
2000万の物件で片手で712,800円、両手で約2倍の1,425,600万が入ります。

高めの査定額で媒介契約を取ってあとで値下げして売ることも考えられます。

実際、月ごとの売り出しデータを見てみると、同じような物件が値段を変えて複数登場します。
これは、実際、高めで売り出して、少しずつ値下げしているとおもわれます。

実際、いくらで売れるんだろう?

売り出し価格と成約価格はネット上には出ていません。詳しくは不動産情報システム「レインズ」に登録されている場合がある(※専属専任媒介契約、専任媒介契約で成約した場合のみ)だけで、すべての成約情報が出ているわけではありません。

そこで、東日本不動産流通機構では「首都圏 中古マンションの成約・新規登録㎡単価の推移」が公開されています。


これをみると、概ね、新規登録㎡単価と成約㎡単価とは5%ほど開きがあります。

筆者のマンションの査定額から5%引いてみると

2,556万→2,428万

になります。大体、このくらいが成約価格とみて良さそうです。

マンションナビを利用した感想

マンションナビを利用してみてよかった点

・マンション名や住所だけで大体の相場が分かる

面倒な住所などの入力が少ないのはメリットです。マンション名だけなら登記簿を引っ張りださなくてもその場で入力できます。

・賃貸した場合の賃貸収入の相場も分かる。

賃貸か売却か今後の運用に迷ったときに、両方から同時に査定してもらえるのは非常にありがたいです。通常は賃貸なら賃貸専門、売却・買取なら買取専門の業者に依頼をしなければならず、二度手間でした。

・スピーディで簡単な査定。

今回の査定は結果が開始から30分で届くスピード査定でした。これが、不動産屋がお休みの日などにぶつかると多少日数がかかるとおもわれますが、きちんと丁寧なメール、電話が来たのが好印象でした。

マンションナビを利用してみて気になった点

査定額が高めに出る。

上記でお話したとおり、マンションナビでは査定額が高めにでます。
これはマンションナビのよくある質問にも記載されています。


売り出し事例を参考に算出されているので、実際の成約価格これより低くなるとおもわれます。

地元の不動産屋が出てこない。

私が依頼した埼玉県マイナー駅には複数の地元不動産屋があるのですが、そのような地元業者は一括査定サイトには登録されていませんでした。やはり大手不動産屋が多数登録している印象です。

おわりに

マンションナビは簡単に相場を知ることができるのでマンションお持ちの方はメンバー登録して相場を把握するだけでもよいとおもいます。筆者は一括査定サイトを数多く使ってきましたが、マンションの相場の把握するのにとても便利で使いやすい印象です。最適な売りのタイミングを逃さないように簡易査定しておく使い方もいいのではないかとおもいます。気になる営業のしつこさ、メールの返信などはまだ査定をしたばかりなので分かりませんが、全体的に使いやすいサイトだとおいます。

一括査定その後

その後、賃貸専門の不動産屋から電話が掛かってきました。

内容は

「その後、賃貸についていかがでしょうか?」

といったものでした。

筆者は「考え中です。」といって電話を切りましたが、しつこく勧誘などはされませんでした。

マンションナビで電話対応不可であれば「電話NG」などと記載したほうがよさそうです。

公式サイトはこちら

The following two tabs change content below.
harupanna

harupanna

元不動産営業マンです。小さな会社でしたが、営業成績はトップでした。資金調達から売買まで幅広く請け負ってきました。自身も投資物件を所有しています。趣味はスーモやホームスを無駄に眺めること。買う気もないのに捨て看板を見かけるとネットでついつい調べてしまいます。不動産業界の闇をに鋭く切り込んでいきたいとおもいます。

不動産の売却カテゴリの最新記事

【無料】不動産投資相談受付中
お気軽にご相談ください
不動産投資相談受付中
お気軽にご相談ください