LINEで相談してみる

不動産投資物件のカラーズ(COLORS)の口コミと評判

不動産投資物件のカラーズ(COLORS)の口コミと評判

カラーズの詳細

ホームページ http://www.colors-group.jp/
所在地 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-6-2 上野ビルディング8階
電話番号 0120-260-345 TEL:03-6206-0345 FAX:03-6206-0346
代表者 小島 貴寿 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第8943号
資本金 9,000万円
売上高 92億7400万円(2016年9月期)
設立 2009年(平成21年)6月26日
従業員数 35名
取り扱い分野 投資用不動産の企画販売・分譲住宅の企画販売・賃貸物件の企画運営・マンショ
ン管理・運用不動産全般のコンサルティング

カラーズの特徴

自社開発分譲マンションの販売

①カラーズは投資用不動産の企画販売から賃貸物件の企画運営・管理までを取り扱っていますが、現在、カラーズが注力しているのは新築の自社開発ブランドマンションの分譲販売です。これらは投資用のワンルームマンションの分譲販売となっており一棟の販売ではありません。

一棟売りは仲介物件

②一棟売りの投資用マンションについては現在は自社開発ブランドマンションの取り扱いは無く、一般的な仲介物件の紹介となります。

空室でも家賃保証

③カラーズでは投資用マンションについては家賃保証システムを採用しており万が一、空室になってしまった場合でも入居者の入居状況にかかわらず毎月定額の家賃をカラーズが保証しています。

電話調査の内容

不動産投資には様々なニーズがあり参加する投資家も様々です。例えば、銀行借入で投資利回りを追及する若手ビジネスマンがいれば、賃貸アパート・マンションの賃貸収入が目当ての高齢者もいます。つまり、投資家各々のニーズに合った不動産投資会社を選ぶことが重要で、特に、以下の5つのポイントが多くの不動産投資会社の中から最適な会社を選ぶ上で重要です。

①どんな物件を紹介してもらえるのか?
②融資付けは協力してもらえるのか?
③どのような顧客が多いのか?
④家賃・滞納保証や入居募集などのアフターサービスは充実しているのか?
⑤担当者の対応がスピーディーで親身になって相談に乗ってくれるのか?

上記のポイントを聞き出すために、カラーズに実際に電話で無料相談を行い具体的に下記の質問をぶつけてみました。カラーズの具体的な返答と受けた印象と評価は以下の通りです。

御社の強みを教えて下さい

まずは不動産投資業者としての強みを聞きました。質問に対する回答の要旨は以下の通りです。

  1. カラーズは現在、投資用のワンルームマンションの分譲販売に注力中ですが、都内の新築の自社開発ブランドマンションなので人気となっています。
  2. お金と投資に強くなるセミナーを開催中で12/9(土)に開催し次回は12/16(土)です。
  3. 不動産投資を考える顧客に対してニーズに合ったプレゼンができることです。

どんな物件を紹介してもらえるのか?

不動産投資の対象としては新築一棟マンション・中古一戸建て・ワンルーム区分マンション・地方のアパートなどがあります。また、それらを建築して売るのか仲介で売るのかも聞きたいところです。

質問に対する回答の要旨は以下の通りです。

  1. 現在カラーズは以下の自社開発ブランドマンションのワンルーム区分販売を行なっています。 値ごろは2,000万円から3,000万円のワンルームマンションで平均的な広さは25㎡前後です。
    フェルクルールプレスト押上Ⅱ所在地東京都江東区
    フェルクルールプレスト堀切菖蒲園所在地東京都葛飾区
    フェルクルールプレスト豊田所在地東京都日野市
    フェルクルールプレスト両国所在地東京都墨田区
    フェルクルールプレスト押上所在地東京都墨田区
  2. 一棟売りのマンションについては場所や予算により仲介物件を紹介します・

融資付けは協力してもらえるのか?

融資付けは不動産投資の一番のキーポイントであり難しいところです。融資付けがうまく行くかどうかで買える物件が変わってくるからです。そこで、どこの金融機関と付き合いがあるのかや金利など融資条件について聞きたいところで、年収制限や属性(大手サラリーマンなど)に制限があるのかも聞きたいところです。質問に対する回答の要旨は以下の通りです。

  1. 現在、融資の条件はタイトになっていますが、カラーズと親しい東京スター銀行やダイヤモンドアセットファイナンス株式会社の場合、キャッシュを6割・7割用意した場合で金利は年率4%前後となっています。
  2. ただし、大企業勤務で年収500万円以上の場合は条件が良くなることも多いです。
  3. 他にイオン住宅ローンサービス・SBJ銀行東京支店・オリックス銀行・関西アーバン銀行東京支 店 スルガ銀行日本橋ハウジングローンセンター・東京シティ信用金庫秋葉原支店などが親しいです。

どのような顧客が多いのか?

質問に対する回答の要旨は以下の通りです。

  1. 現在のカラーズの顧客はビジネスマンが多くワンルームマンションをキャッシュで買う人も少なくありません。
  2. 一棟売りのマンションについては自営業者が多い感じです。

家賃・滞納保証や入居募集などのアフターサービスは充実しているのか?

  1. カラーズでは家賃保証システムを採用しています。万が一、空室になってしまった場合でも、入居者の入居状況にかかわらず毎月定額の家賃を保証いたします。
  2. 入居後のトラブルやクレーム対応も全てサポートしています。
  3. また、家賃の集金代行システムも行っています。

従って、カラーズでは入居者募集から入居審査・賃貸借契約・集金代行業務・入退去時の立会い・室内リペア作業などを、オーナーに代わって代行しています。

また、近隣居住者とのトラブル・水漏れ・カギ紛失・修繕と修理の手配等の入居者や賃貸人に対する対応を、オーナーに代わって代行しています。ただし、これらの業務は家賃の最大5%(消費税別)の手数料をオーナーが負担することになっています。

印象と総評

電話調査に対する印象と総評は以下の通りです。

カラーズに電話した第一印象は受付嬢の対応も悪くありませんでした。ただ、営業担当の女性社員が経験不足の若い社員だった様で、こちらの質問に対してマニュアルを見ながらの返答でしたが、逆に質問に対しては正直な回答が得られた様な気がします。

カラーズの取り扱い分野は投資用不動産の企画販売・分譲住宅の企画販売・賃貸物件の企画運営・マンション管理となっていますが、現在は新築の自社開発ブランドワンルームマンションの分譲販売に注力しています。現在、販売中のワンルームマンションはデザインも良く高級感の漂うワンルームマンションで、立地も都内の駅近くの物件が多い割には値段は手頃と言えます。

これらが2,000万円台であれば投資したい気にもなりますが利回りも5%程度は確保できそうです。

融資付けについては自営業者の場合はカラーズと親しい東京スター銀行やダイヤモンドアセットファイナンスにおいても、年率4%前後の金利ということでした。ただ、大企業の社員で年収500万円以上の場合は金利条件は良くなるということです。(融資の利率が4%程度で物件が5%では持ち出しになると思いますが、そこは突っ込みませんでした)

全体的な印象としては都心で投資用のワンルームマンションを探すのであれば、カラーズの自社開発ブランドワンルームマンションも競争力がありそうです。投資でビジネスマンがキャッシュで買う時代だという営業担当の言葉が印象的で、自社の物件に対する自信が感じられました。

合わせて読みたい

このページを読んでいるということは、少なからず不動産業者の良し悪しについて調べているのかと思いますが、前提として「良い不動産業者」とはどんな業者なのか。不動産投資会社の選び方などについて触れている記事がこちらですので、是非合わせて読んでみてください。

『不動産投資会社の選び方、ランキングや口コミはアテになりません』

The following two tabs change content below.
もりお@不動産投資の森編集部

もりお@不動産投資の森編集部

不動産投資の森の編集部。寄稿された投資家の記事を編集しています。

収益物件業者カテゴリの最新記事

【無料】不動産投資相談受付中
お気軽にご相談ください
不動産投資相談受付中
お気軽にご相談ください