収益物件購入から管理の指南書

融資情報

横浜興銀信用組合の不動産投資ローン

投稿日:

横浜興銀信用組合の不動産賃貸業に対する融資はどうなのでしょうか。実際に相談してみました。

2018年の4月頃からは、俗にいうアパートローンが非常に厳しい状況となっているので、信金さんや信組さんなどで条件の合うところを探していくのがカギになりそうです。

横浜幸銀信用組合船橋支店

対象エリア

対象のエリアですが、支店があるエリアで日帰りでいけるような範囲までということで、はっきりとした指定はないようです。

もともとは「横浜中央信用組合」と「九州幸銀信用組合」の2組合が合併した信組なので、横浜エリアと九州エリアには特に強いようです。

もともと横浜中央信用組合は不動産賃貸業に対して前向きでしたので、そこに九州幸銀も加わりさらにエリアが拡大したようなイメージです。

店舗は東北北海道エリアを除いて関東甲信越、四国、中国、九州と全国各地にあるので、持ち込む店舗を間違わなければ広範囲に可能性がありそうですね。

物件の担保評価方法

物件の担保評価は一般的な金融機関の考え方と同じで、土地と建物の積算価格に対して掛け目をいれる形です。

さらに賃貸物件の家賃に掛け目を入れて物件単体で十分に運営が回るのかという部分を重視しています。

融資条件

融資条件ですが、金利は3%前後、年数は原則耐用年数の中でということです。

今回打診したのは新築物件でしたが、木造新築でも15年という条件でした。

原則再建築不可や建蔽率オーバーなどの違法物件はやりません。

全体の感想

感想ですが、他の金融機関と比べてかなり細かいところまで資料提出があった印象ですね。当たり前ですが。ちなみに、初回面談後はメールでやり取りを対応してもらうことができ、それも珍しいなと思いました。

ざっくりですが、提出書類は下記の通り。

  • 現所有物件情報(各謄本、家賃、間取りなど詳細まで
  • 購入予定物件情報
  • 決算表3期+試算表+個人確定申告表3期
  • BS、PL各1カ月ごとの詳細
  • 個人住宅ローン返済予定表
  • 事業計画書
  • 運営している物件の売上証明
  • 試算表の大口売上や借入先の詳細
  • 定款
  • 売買契約書や領収書
  • 管理会社一覧
  • 他借入先の資金使途、連帯保証の有無
  • 他借入先返済予定表

こんなところでしょうか。

スピーディにご対応頂き特段問題ではなかったですが。また是非お付き合い続けていきたい金融機関ですね。

The following two tabs change content below.
KawataKenji

KawataKenji

本業の傍らで不動産賃貸物件を運営中。シェアハウス1棟、簡易宿泊所7室、アパート1棟、賃貸併用住宅、戸建賃貸など。新築シェアハウスを建築中。

不動産に関するご相談

不動産投資・融資などに関するご質問、ご相談を受け付けています。お気軽にご連絡下さい。

-融資情報

【無料】不動産投資相談受付中
お気軽にご相談ください
不動産投資相談受付中
お気軽にご相談ください

Copyright© 不動産投資の森 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.